ゲレンデでのバイトはどのような特徴があるのか

TOP > お役立ち情報 > ゲレンデでのバイトはどのような特徴があるのか

ゲレンデでのバイトはどのような特徴があるのか

ゲレンデでバイトを募集している



アルバイトにはいろいろな種類があるのですが、その中の一つとしてリゾートバイトというものがあります。これはリゾートシーズンにおいて、リゾート施設で働くというものです。多くのお客さんが訪れることが予測されるため、人手を求める施設はたくさんあるのです。そこで基本的に住み込みで働くことが多いのが特徴となっています。若い方が大勢働いています。

たとえば大学生が夏休みや冬休みを利用して仕事をするというケースが多いです。まとまった期間働くことができ、住み込みの場合は食費代や宿泊費などは一切かからないのが特徴となっています。その代わり、一日中仕事をするというケースが多いです。しかし、空いた時間というのは必ずあるため、その時間を利用して現地を観光したり、それぞれのリゾートを楽しむこともできます。

このようなリゾートバイトの一つとしてゲレンデでの仕事があり、スキー場でアルバイトをすることができます。都心を離れて雪山で冬をとことん満喫することができるでしょう。全国各地のさまざまなスキー場から求人が出されているのです。基本的にはゲレンデで働くことになるのですが、スキー場以外の施設が併設しているケースもあり、そちらで仕事をすることもあるでしょう。ゲレンデで仕事をするのであれば、たとえば空いた時間にスキーを楽しむこともできるのです。そのためスキーが好きな方にとっては最高の環境といえるでしょう。普段は雪をほとんど見ない環境で生活をしている方は、雪に囲まれて充実した時間を過ごすことができるでしょう。そのため人気の高いアルバイトの一つとなっています。そこでいろいろな経験ができ、新しい友達も作れ、なおかつお金をたくさんもらえてリゾートを満喫できるのです。



どのような仕事内容があるのか



実際にゲレンデでバイトをする場合、どのような仕事をすることになるのでしょうか。スキー場というのはさまざまな仕事が存在しています。それぞれセクションが存在しており、それについて集中して取り組んでいくことになるでしょう。たとえばリフト券の販売をしているスタッフがいます。リフトを操作しているスタッフもいます。スキー場内をパトロールしている方もいます。あるいはインストラクターとして指示をしている方もいます。また、ゲレンデには飲食店が設置されていることが多く、そちらで接客や厨房の仕事をすることもあるでしょう。メニューは限られていることが多いのですが、シーズンでは多くのお客さんが集まるため、とても混みあうことが予想されます。

ゲレンデではスキー用品の販売をしていたり、スキー用品のレンタルをしている場合もあります。これらに関わる仕事も存在するでしょう。直接お客さんの接客をすることになる機会は多いのです。用品を扱う場合は、それぞれの用品についての正確な知識が要求されるでしょう。そして、それぞれのお客さんに対して最適な提案をしなければいけません。そのため、スキーやスノボーが好きな方はその知識を活かすことができるでしょう。あるいは返却された用品のメンテナンスを担当することもあります。

また、力仕事をすることもあります。たとえば雪かきをしたり、ゴンドラやリフトの点検などの仕事です。中には危険が伴うものもあるのですが、しっかりと指示されるため、安全な環境で仕事ができます。

このように、さまざまなタイプの仕事があるのが特徴となっています。



バイトする際の注意点について



これから実際にゲレンデでバイトをする際の注意点について説明します。

まず仕事をする時期というのは基本的に冬であり、12月から3月ぐらいまでとなっています。もちろん施設によっては11月から働ける場合もあります。そのため、求人については10月から11月頃までが特にピークとなるでしょう。この時期にいろいろな求人情報を集めることによって、自分の希望通りの条件で働ける仕事を見つけられることが多いです。その際、人気の高い施設の場合はすぐに定員が埋まってしまうため注意が必要です。

基本的に住み込みで働くことになるのですが、その際にはどのような部屋のタイプとなっているのかチェックしておきましょう。個室が用意されている場合と相部屋の場合とがあります。自分のプライベートな時間を確保したいのであれば、個室を用意してくれる求人を探しましょう。個室ならば普段と同じような生活ができます。部屋が個室となっていて、共同でトイレや食堂、お風呂などを利用するというケースもあります。あるいは相部屋となっているところも多いです。相部屋にもメリットはあり、これによってすぐに同室の人と仲良くなれるでしょう。

持ち物についてはそれぞれの求人を確認しておきましょう。自由時間にスキー場を使えることが多いため、自分のスキーやスノボの用具を持って行くのも良いでしょう。もちろん、現地でレンタルすることもできます。オフの時間は自由に滑ることができて、レンタルやリフト券も無料となるケースがあります。

以上の点に注意しながら求人を選ぶとスムーズです。スキーやスノボーの経験がなくても問題なく働けるところが多いです。

スキー場に住み込みのバイト一覧

次の記事へ