スキー場でのリゾートバイトならではのプラスアルファの魅力

TOP > お役立ち情報 > スキー場でのリゾートバイトならではのプラスアルファの魅力

スキー場でのリゾートバイトならではのプラスアルファの魅力


スキーだけじゃないメリットに着目



冬休み期間を活用してのリゾートバイトは、とりわけウインタースポーツが大好きな若い世代にとっては、これ以上の好条件が他に見当たらぬ魅力的なアルバイトと映って当然です。地元の生活圏で学業とバイトの両立の多忙な生活で何とかお金を稼ぎ、それを充当してわずか数日だけのスキー場滞在から、弾丸ツアーの如くスキーと周辺の観光を終えれば、トンボ帰りのスキーツアー参加とはまた全てが違います。何より自身が行きたかったリゾート地への希望期間中の滞在が叶い、同じく雪とスキーが大好きな同世代の仲間達との共同生活への期待感が高まります。1人新人として臨む未経験のアルバイトは誰もが大きな不安との対峙を強いられますが、同じ初心者の仲間達の存在は心強く、助け合い励まし合いながらの共同生活を通じ、新たな人間関係が広がるメリットも大きな魅力です。休日にはスキーや周辺の観光など、自分達のペースで自由に楽しんで翌日はリフレッシュした状態で勤務に臨む、心身の切り替えが叶う生活環境が約束されており、気になる賃金面も、自宅通勤の一般的なバイトと比較すれば、相応の好条件である点も見逃せません。

冬休み期間を通じ、非日常空間での生活にチャレンジしたい、あるいは将来ホテル業界やリゾート地でのサービス業方面に進みたいなど、明確な目標をお持ちの方々であれば、ぜひチャレンジをお薦めしたいのがスキー場でのリゾートバイトです。前年は単なる1人の観光客として訪れて気に入ったスキー場で、今年は立ち位置を変えてお客様をお迎えする経験など、めったにできる事ではありません。ご興味を抱かれたのであれば、早い段階からの求人情報を始めとする現地関連情報の収集から着手されてみてはいかがでしょうか。



最新情報をいち早くゲットするのが鍵



全国各地に点在するスキー場の中でも、リゾートバイト地として人気が高い施設の冬季限定求人募集に対しては、当然全国各地から応募が集中し、競争率が高まります。皆さんの日常生活圏内で幅広くアルバイト先を探しても、時に双方の希望がかみ合わず、見つけ出すのに時間を要してしまうケースは珍しくありません。対して冬休みを活用しての期間限定リゾートバイトは、基本募集告知は1回限りであり、応募する側が見落としてしまえば、その瞬間に望みを絶たれてしまうと認識しておく必要があります。インターネットを通じ、スキー場を始めとする全国各地のリゾートバイト斡旋に実績を誇るサイトでは、常時最新情報を収集し希望者への情報配信に余念がありません。一般的にはまずはサイトの会員に仮登録から、希望に添った滞在先や仕事内容と、サイト側が有する各情報とのマッチング作業を進める流れとなります。

リゾートバイトの求人情報は無料配布されるアルバイト情報誌の巻末や特集ページに掲出されるケースも見られますので、可能であればサイト登録からの受け身一辺倒のみならず、自身でも積極的に情報を収集されるのがベターです。また斡旋業者の中にはリゾートバイト説明会を積極的に開催し、初心者に備えておいていただきたい基礎知識などの伝達や参加に際しての心構え等の伝達に尽力している企業も見られます。こうした姿勢の業者であれば、全国各地のアルバイト希望者の受け入れ先施設からの信頼も厚く、リゾートバイト先を探す際の窓口として選択するのに活用されても安心です。現地に一定期間滞在しての従事に際しては、勤務先のみならず、斡旋を受け持つ業者の選択も重要です。



実績が評判の斡旋サイトでバイト先をゲット



皆さんの希望が叶い、スキー場での冬季バイトが確定したのであれば、忙しい日常の合間を縫って、確実に当日に向けての準備を進めてください。事前に知っておくべき基礎知識関連は、皆さんが窓口に利用した斡旋業者の公式サイト上などでも明記配信されていますが、多くの参加者に見られる、リゾートバイトに対する誤解や誤認識故、準備不足から現地入り後に困ってしまうパターンに陥らぬ注意が必要です。

リゾートバイトはスキー場などのリゾート地でお客様をお迎えする従業員として、職場が準備した施設で宿泊しながら与えられた仕事に従事するアルバイトです。例えるなら社員寮から勤務シフトに沿って勤務時間を過ごし、オフタイムのプライベート空間が社員寮の勤務形態と基本一緒です。リゾートホテルが勤務先だからと、皆さんに客室と同様の生活環境が与えられる事は基本ありません。ハブラシやシャンプーや綺麗なコップが日替わりで準備されるなど100%望めず、全て自身で準備から自己管理が原則です。皆さんの日常のライフスタイルを確認し、必要最低限のアイテムを滞在期間を通じて必要な分量だけ、的確に準備をして持参しなければなりません。何より共同生活空間である以上、自分だけが過剰に私用品を持ち込むのはマナー違反と映る懸念も否めず、楽天的な性格の方々であれば、現地調達すれば何とかなると判断されるかも知れませんが、余計な出費に繋がり、結果稼ぐという目的から逸れてしまいます。

十分に事前情報を収集してから、楽しみながら準備を整えた上で、初出勤すなわち現地を目指すのがベストです。

次の記事へ