スキー場で住み込みバイトをする魅力や仕事内容、メリットとは

TOP > お役立ち情報 > スキー場で住み込みバイトをする魅力や仕事内容、メリットとは

スキー場で住み込みバイトをする魅力や仕事内容、メリットとは



スキー場の住み込みバイトの魅力



学生やフリーターのアルバイトは、コンビニや居酒屋など自宅から通って働くのが一般的です。しかし、近年はバイトのスタイルも多様化しており、スキー場などのリゾート地に住み込みで働くスタイルに人気が集まっています。ウインタースポーツのなかでもスキーやスノボは特に人気で、ハイシーズンに楽しもうとすると、旅費、宿泊費、施設利用費、レンタル費用、食費などかなりの費用がかかります。長期で仕事をするとしても、現地でアパートを借りたり、生活費がかかったり、出費がかさむことが考えられますが、スキー場で住み込みバイトをする場合、お金を稼げるだけでなく、基本的に寮費や食費、光熱費などを必要としないところもあります。休日にはウインタースポーツや観光を楽しむことができ、リゾート観光気分で働くことができるのです。海外ではワーキングホリデーという制度が確立していますが、まさにその国内版と言えるでしょう。

一般的な仕事よりも高給となることが多く、オンシーズンであればほぼ毎日働くことができます。仕事場に近い寮を確保できれば、生活費がかからないだけでなく通うのに苦労することもなく給料をほぼ全額貯金することも可能です。宿泊を伴う仕事となるため、初対面の仲間たちと仕事だけでなく寝食を共にすることで、友情を深めることができ、普段の生活ではできない貴重な体験を積むこともできます。地方から一人で働きに来ている人もいるので、グループでなく一人で参加してもすぐに友達ができることでしょう。また、将来、ホテル業や旅館業、旅行業やスキーやスノボのインストラクターなどに就きたいと考えている方にとっては、またとない職場体験の場とすることも可能です。



スキー場バイトの仕事内容



住み込みでスキー場バイトをする際の仕事内容にはどのようなものがあるのでしょうか。レンタルスタッフは、スキーウェアやスキー板、スノーボードなどの貸し出し、返却、メンテナンスをする仕事です。単純作業なので一通り仕事を覚えれば、難しさを感じることはありません。週末や時間帯などによって利用客のピークに差があり、忙しい時と暇な時の波があります。リフトスタッフは、お客様をリフトに安全に乗降させることが主な仕事です。ケガや事故につながることもあるため、プールの監視員と同様に命を預かるという意識が必要となりますが、お客様と直接触れ合うことができるやりがいのある仕事です。乗降口やゲレンデの雪かきや整備もすることがあるため、男性に向いていると言えるでしょう。

インフォメーションスタッフは、リフト券の販売や場内の案内をする仕事です。スキー場の顔となるため、コミュニケーション能力は求められますが、仕事自体はすぐに慣れることができます。売店と兼務となっていることもあり、コンビニなどで接客した経験がある方はスムーズに仕事をすることができるでしょう。ゲレンデレストランスタッフは、ゲレンデのなかに設置されているレストランやカフェなどのホールスタッフの仕事です。基本的には飲食店の仕事と変わりはなく、セルフスタイルが多いため、簡単な食事の盛り付けや食器の片付けなどがメインとなるところもあります。この他、隣接する温泉スパの受付やタオル類の貸し出し、ロッカー清掃などの仕事や上級者向けのパーク、キッカーなどの整備の仕事などがあり、いずれにしても長時間労働や重労働ではないため、楽しく仕事をすることができます。



住み込みスキー場バイトのメリット



住み込みのスキー場バイトを数多く扱っているサイトには、全国の有名で魅力的なリゾートスキー場が数多く登録されています。都心からアクセスのいいところや外国人観光客も多く訪れているところなど、さまざまな条件で選ぶことができるのも大きな魅力です。 先述したように、気になる時給についても比較的高めに設定されていることが多いです。また、無料でリフト券を支給してくれるところも少なくないため、トータルではとてもお得となります。また、ウェアやボードなどのレンタルも無料というところも多く、コストパフォーマンスがよいバイトとして人気が高いものとなっています。

場合によって1カ月にも及ぶ長期間にわたって、宿泊費や光熱費、食費などを気にすることなく自分の好きなスポットで働いて存分に遊べる、まさに夢のような住み込みバイト生活を満喫できます。スキーやスノボのインストラクターとして仕事をするわけではないので、初心者でも接客業ができれば何の問題もありません。働いてお金を稼ぎながら、ウインタースポーツを習得することができます。基本的には、12月上旬から3月末の期間がシーズンとなり、早いところでは11月中旬くらいから募集しているところもあります。12月前後になると応募が殺到するピーク時となるため、普段からサイトをチェックして早目に応募すると、自分が希望するエリア、スポットで働くことができる可能性が高くなります。

次の記事へ