プラスなことが多いスキー場でのバイト

TOP > お役立ち情報 > プラスなことが多いスキー場でのバイト

プラスなことが多いスキー場でのバイト



お得なスキー場のバイト



バイトをするなら、楽しく働きたいものです。スキー好きの人なら、スキー場のバイトをするとお得なことがいっぱいあります。スキー場のバイトというと、リフトに乗る人を見守ったり、案内したり、スキーをする人達の安全を確認したり、ロッジの中のスタッフとして働いたりといったスタッフとしての仕事が思い浮かびますが、周辺にはホテルや温泉旅館、リゾートなどさまざまな施設がありますから仕事は多様で、さまざまな仕事があるのです。

そしてスキー場と周辺の施設での仕事は、リフト券が無料になるなど、スキー好きの人には大きな魅力があります。特にリフト券無料は、スキー好きの人にとっては一番の魅力といえるでしょう。仕事をしながら、空いた時間にスキーを楽しむことができます。

そんなスキー場の仕事の募集には、地元の人に限らず全国からスキー好きの人達が集まってきます。そのため、普通であったら知り合う機会のない土地の人とも知り合うことができます。仕事というのは住み込みになり、クリスマスや年末年始の時期、春休みなど、まとまった休みがある時期に働くことができます。スキー場というと冬というイメージですが、夏はリゾート地として楽しむことができるため、夏も募集が行われます。まとまった期間で働くとができるため、その分、収入もまとまった金額を得ることができるというのも、この仕事も魅力のひとつでしょう。

募集に集まってきた人たちは一緒に仕事をしながら、ときには一緒にスキーを楽しみ、またリゾートを楽しみながら常に一緒にいることになるため、仲間意識も芽生えてきますし、新しい友人ができる機会にもなります。もしかしたら恋人ができるチャンスとなるかもしれない、そんな楽しみのある仕事です。



スキー場のバイトはインドア派の人も可能



仕事をするとき、太陽の下や室外で働くのが好きではない、室内で働きたいというインドア派の人と、太陽の下で働きたい、自然の中で太陽の光や風を感じて働きたいというアウトドア派の人がいます。スキー場のバイトというと、アウトドア派でないと挑戦できないように思われますが、どちらのタイプの人も働くことができます。

周辺にはリゾートホテルがあったり温泉があったり、観光地となっています。そのため、仕事の種類も多様なのです。アウトドア派の人に人気なのがリフト係です。リフト係は文字通り、リフト場でリフトを待つ人達を案内し、リフトに乗る人達をサポートする仕事です。もっともお客さんと接することが多い仕事のひとつといえるでしょう。

スキー未経験の人にスキーの楽しさを教える仕事であるスキーのインストラクターの仕事も花形といえます。スキーのインストラクターというとスキーに熟練していなければならないというイメージがありますが、必ずしも、スキー上級者でなければならないということはなく、インストラクター未経験者でも、スキーの上級者でなくてもスキーインストラクターとして仕事をすることができます。寒いのが苦手という人はチケット販売といった仕事もあります。ロッジの中の仕事ですから、インドア派の人も挑戦できます。接客が得意という人はインフォメーションの仕事に挑戦することができます。忘れ物や迷子のアナウンスを行ったり、ニュースをアナウンスしたり、または、不明な点を尋ねてくる人の対応を行ったり、お客様を案内したりと、人と接することが多い仕事です。



スキー場のバイトは夏場もできる



スキー場のバイトというと、冬場だけの仕事のように思われますが、募集は1年を通して行われます。というのも、夏場は自然に囲まれたリゾート地として人気なためです。冬以外のシーズンは自然の中でゆったり過ごしたり、周辺にある歴史のある史跡を訪ねたり、レジャー施設を訪ねることができます。

また場所によっては夏場に音楽イベントなどのイベントが開催されるところもあります。夏場の仕事も冬場の仕事と同様に、ワンシーズンといったまとまった期間を住み込みで働きます。住み込みの仕事のメリットはなんといってもまとまった収入を稼ぐことができる点です。

ワンシーズンなど、まとまった期間を働くことで、大きな収入を稼ぐことができます。そして仕事も多様のためアウトドア派とインドア派の人も挑戦できます。仕事をする上でチェックしたいのが仕事の条件です。住み込みの仕事になるため、仕事の条件をしっかり確認しておきましょう。施設によってバイトの寮に個室が用意されているところもあれば、2人、3人が同室のところもあります。人と一緒に生活するのが苦手という人は個室が用意されている募集をチェックしましょう。寮の部屋の状態も確認しておきましょう。

特に女性の場合、寮が清潔かどうかは気になる点ですから、あらかじめ確認しておいた方がよいでしょう。寮に管理人がいるかどうかもポイントです、管理人が常駐していれば盗難などのリスクも減りますし、トラブルがあったときも相談することができます。寮が働き場所の施設から近いかどうかもポイントです。寮が働く場所から近くにあればあるほど自由になる時間が大きくなりますから、徒歩での移動が可能など、寮が近いところを選ぶと良いでしょう。

次の記事へ