ホテルのフロント業務のメリットや応募方法とは?

TOP > お役立ち情報 > ホテルのフロント業務のメリットや応募方法とは?

ホテルのフロント業務のメリットや応募方法とは?



ホテルのフロントで働くメリットとは?



ホテル内にはいろんな業務がありますが、その中でもフロントで働くメリットは何があるでしょうか。例えば、フロントではチェックインやチェックアウトの対応から始まり、お客様の重い手荷物や旅行バッグなどを預かる仕事などが挙げられます。また、ホテルによってはエレベーターから予約ルームまでの間に先頭を歩いて案内することがあります。

実際に働くことによって、基本的なマナーや接客技術を身につけることができます。マナーというのは本だけで習得することができず、実際に仕事を通してしか身につけることができません。また、高度な接客の技術が身につけば、他の仕事をしてみたいと思ったときや就職活動をするときにも活かすことができます。それだけホテルのフロント業務で身につく接客技術というのは価値が高いということです。

さらに、ホテルのフロント業務であれば、おもてなしの精神を持ってお客様と接する機会が非常に多くなります。チェックインからチェックアウトまでの間、快適に過ごしてもらうことを親身になって考えつつ仕事を行いますので、自然と人間としての大事な思いやりの心が身につきます。また、基本的にホテルというのは24時間営業しているので、その分シフトが多様にあるため、自由が利きやすいというメリットがあります。シフトに自由が利くと、プライベートと両立しやすく自由時間を楽しむことができます。働きやすさであれば、フロント業務が他のホテル内の仕事よりもずっと働きやすいとも言えるので、ホテルで働きたいと思っている方は、ぜひフロント業務に応募してみましょう。



ホテルのフロント業務にデメリットはあるのか?



では、フロント業務を行うときにデメリットはあるのでしょうか。多くの学びがある仕事なので、特にデメリットらしい特徴はありませんが、強いて言うならば基本的に立ち仕事なので、慣れるまでが大変だということです。立ち仕事というのは、慣れない間は足や腰に負担がかかってしまうので体力を消耗しやすくなりますが、慣れてくれば特に大変だということもありません。

また、フロントの場合だと接客がメインになりますが、接客以外にも業務はありますので、ずっと立ちっぱなしというわけでもありません。慣れるにつれて仕事のやり方も身についてきますし、力の入れどころや抜きどころも身体で分かるようになりますので、決してハードワークというわけではありません。

フロント業務というのは、仕事上多くの人と接してコミュニケーションを取ることができますし、場合によっては外国人と英語で話すこともあるので、英会話スクールなどでは学ぶことのできない生きた英語を習得できるというメリットもあります。将来海外で活躍したい方は、むしろ学生の間にフロント業務を経験しておくことをおすすめします。

どんな仕事も最終的には人と人とのつながりなので、コミュニケーション能力を早い段階で身につけておくのは将来必ず役立ちます。あらゆる仕事に応用できるスキルを身につけることができるのは、ホテルのフロント業務だけだと言っても過言でありません。



メリットがたくさんあるホテルのフロント業務に応募するには?



実際にフロント業務に応募するためにはどうすればいいのでしょうか。一つはホテルが出している求人情報を探して、それに応募することです。基本的に業務は接客業なので、面接のときには必ず身だしなみには気をつけるようにしましょう。また、言葉遣いも非常に重要な要素です。身だしなみや言葉遣いというのは、業務を行うにあたってとても大事な要素なので、良い印象を面接官に与えることが大事です。

また、求人情報を探すときには、例えば求人サイトを利用するという方法もあります。求人サイトというのは、全国のホテルの求人情報を検索することができる非常に便利なサービスです。求人情報を一つ一つ探すのが面倒だったり、いろんな求人情報を比較したりしたいと思っている方には最適のサービスです。一口にホテルと言ってもいろんなタイプがあるので、自分がどのようなところで働きたいのかを明確にして決めることが大事です。例えば、リゾート地のホテルで働きたいと思っているのであれば、それを専門としているサイトから探すと非常に効率よく選ぶことができます。

求人サイトによって得意不得意がありますので、得意分野に沿ったサイトから探すと、一般の求人雑誌で探すよりもずっと早く良い案件を見つけることができます。人気の求人情報ほど早く応募が決まってしまいますので、とにかく素早く情報収集をする必要があります。一般の求人雑誌の場合だと、どうしても情報量が少なかったり最新情報が掲載されていなかったりするので、なかなか理想の職場を見つけることができませんが、求人サイトであれば情報量が豊富な上に最新情報もすぐに掲載されるので、理想の職場を見つけることが容易にできます。

次の記事へ