リゾートホテルのフロントなどで募集されるバイトの情報

TOP > お役立ち情報 > リゾートホテルのフロントなどで募集されるバイトの情報

リゾートホテルのフロントなどで募集されるバイトの情報


これからリゾートホテルでアルバイトをしたいと考えている方におすすめの情報



将来はホテルに就職して、フロントで働きたいと考えているのであれば、リゾートホテルで募集されているアルバイトに取り組んでみるのも良いでしょう。こちらの方法を実践すれば、将来の仕事に役立つ経験を積むことができます。現在、北は北海道から南は沖縄まで、日本全国のリゾートホテルでアルバイターが募集されているので、一人ひとりの適性やニーズ、希望条件に合った求人案件を選んで応募することが可能です。

それらのリゾートバイトでは、現地ならではの魅力に触れることができるというメリットがあります。例えば、有名な温泉地でゆったりと湯に浸かり、仕事の疲れを癒したり、青い海と白い砂浜が広がるビーチリゾートで魅惑の時間を過ごしたり、スタッフの特典としてスキー場の無料リフト券をもらい、休日や休憩時間を活用してスキーやスノーボードを存分に楽しんだりすることが可能です。

ひと口にリゾートホテルと言っても、所在するエリアや周辺の環境などにはさまざまなバリエーションがあります。例えば、沖縄や伊豆、紀伊半島、房総半島などの海辺にあるビーチ、北海道や信州、東北のスキー場、軽井沢などの避暑地には多くのリゾートホテルが設置されています。また、リゾートホテルの中には、アウトレットモールに併設されているものや、ホテル内に温泉や温水プールなどの大規模なレジャー施設を擁するものも存在しています。



職種や寮にも気を配って自分に合った求人案件を選ぶことが大切



これからリゾートホテルで募集されているアルバイトの求人案件へ応募するにあたっては、仕事の種類の選び方にも気を配ることが大切です。リゾートホテルでは、チェックイン・チェックアウトをする顧客への対応をするフロント・ベル、客室係、館内に設けられているレストランなどのホール、売店でレジ打ちや品出し、食堂の厨房内で調理・食器洗い、館内清掃など、接客以外の業務、スキー場やレジャー施設の管理・運営など、たいへん幅広いジャンルの職種の求人募集が行なわれています。そのように、職種の選択肢が多く、一人ひとりにマッチした仕事が選びやすいのも、リゾートホテルのバイトの魅力と言えます。

また、リゾートホテルでバイトをする際に利用する寮もチェックポイントとなります。こちらは、ワンルームマンションタイプから相部屋タイプまで、さまざまな種類があります。また、室内の設備にも違いがあるので、応募する求人案件を選ぶ上ではチェックしておきたいところです。

寮の中でも、キッチンやバスルーム、トイレが付いている物件を利用すれば、日常生活を送る上での利便性、快適性が高くなります。また、賃料や食事代、光熱費は無料となっているところが多いのも魅力的です。こちらのメリットを活かせば、スムーズに、スピーディーにお金を貯めることができます。その他に、リゾートホテルなどには、布団やエアコン、洗濯機など、日々の暮らしに必要となるものがほぼ全てそろっています。したがって、通常の一人暮らしのように、新生活をスタートするにあたって、生活必需品を買いそろえる必要がほとんどなく、初期費用を低く抑えることができるというメリットがあります。



全国のリゾート地で募集されているアルバイトに関する情報はこちら



ゴールデンウィークや夏休み、冬休みなどには、日本全国のリゾート地にあるホテルなどにも多くの観光客が訪れて活気づき、フロント業務なども忙しくなります。そういった時期には、ホテルや旅館などの宿泊施設をはじめとして、テーマパークやゴルフ場、スキー場なども人手不足の状態となり、アルバイターが募集されるケースも多く見受けられます。リゾートバイトの募集職種としては、レストランのホールなど、接客業が中心となっていますが、洗い場や客室清掃などを担当する仕事もあり、一人ひとりに合った求人案件を選んで応募することが可能です。

リゾートバイトの場合、長期から短期まで勤務する期間を、自分の都合に合わせてフレキシブルに設定することができるというアドバンテージがあります。また、一般的なアルバイトと比較して、未経験者に対する門戸が広く開かれているのもリゾートバイトの特徴と言えます。これまでにリゾートバイトを行なった経験がなくても、住み込みで働くことが可能で、体力や持久力に自信がある人や、期間内であればどのような日時の勤務にも対応できる人などは、有利な条件で採用してもらうことが可能です。

また、ほとんどの場合に、宿泊施設や食事が用意されるという魅力もあります。したがって、学生が親元を離れて働く場合にも、おすすめのアルバイトと言えます。そして、仕事のない日や休憩時間には、空いた時間を有効活用して、現地周辺にあるリゾートスポットを訪れ、ちょっとした観光旅行をした気分に浸ることもできます。

次の記事へ