リゾート地は稼げる!早速求人サイトをチェックしよう

TOP > お役立ち情報 > リゾート地は稼げる!早速求人サイトをチェックしよう

リゾート地は稼げる!早速求人サイトをチェックしよう



バイトするならリゾート地でしよう



どうせアルバイトするなら、リゾート地で楽しくアルバイトをしたいと考えている人がたくさんいます。リゾート地というと、例えばテーマパークや牧場、農場、さらに海などがあります。特に人気なのが、有名海岸での「海の家」のアルバイトです。毎年たくさんの求人がありますので、定番とも言えます。また、リゾートバイトのメリットとしては、アルバイト初心者にとっても働きやすいということです。一般の飲食店のアルバイトに比べて覚えることはあまりありませんし、何よりも楽しく勤務できるというのが一番の理由です。アルバイトとして働きながらも、自分もリゾートを満喫できるというのは、他のアルバイトにはない達成感があります。しかも、期間限定で集中して働くことができますので、長期間拘束されることはありません。

また、普段はなかなか行けないディズニーランドやUSJなどのテーマパークでも、アルバイトということであれば堂々と入園できます。「ミッキーマウスに会いたいけどなかなか会えない」という方であれば、ぜひディズニーランドでアルバイトするといいでしょう。ただ、ディズニーランドやUSJのような有名テーマパークの場合は、競争率が激しいので、募集を見たらすぐに応募した方がいいです。

他にも人気のある求人は、ホテルやペンションなどでのアルバイトです。軽井沢などのリゾート地にはたくさんのホテルやペンションがあります。そこで避暑がてらアルバイトをする人も多く、まさに仕事が趣味になっている人も多いです。また、雇用主がきちんと寝泊まりする部屋を用意してくれるので、安心して働くことができます。アルバイトするのであれば街中もいいですが、リゾート地で楽しくアルバイトする方がもっと楽しいことは間違いありません。



でもやっぱり不安がある



とはいえ、初めてのアルバイトであればやはり不安の方が大きいでしょう。例えば、リゾート地ではどのくらいの期間の求人があるのでしょうか。やはり、一般的な繁忙期であるゴールデンウィーク期間や夏休み、そして冬休みが多いです。スキー場でのアルバイトであれば、12月から3月までの間になり、海の家であれば7月から9月というのが一般的な期間です。場所によって求人期間は変わりますので、長期間働きたい方は年中働くことができるかどうかをしっかりとチェックした上で求人に応募しましょう。

また、肝心の給料ですが、シーズンや業種によって変わりますが、だいたい20万円前後が一般的な相場です。しかも住み込みであったり、食事付きだったりする場合もあるので、余計なお金を使うことはほとんどなく、節約すれば多くのお金を稼ぐことができます。中には、半年で100万円稼ぐ人もいるので、短期集中型アルバイトとしては非常に良いお仕事です。中には、初心者の自分がきちんと働くことができるかどうかを心配している人が多いですが、そもそもリゾート地でのアルバイトというのは、ほとんどが初心者からのスタートなので安心です。なので、一からしっかりと仕事を覚えるつもりで働けば、すぐに環境に慣れることができます。誰しも初めてのことに対しては不安があるものですが、「案ずるより産むが易し」といいますので、まずは初心者OKの求人を見つけてそこに応募してみるといいでしょう。



一番稼げるリゾート地はどこ?



どうせアルバイトするなら、より稼げる方がいいに決まっています。では、どこで働くのが一番稼ぎがいいのでしょうか。前述のとおり、場所によってお給料は変わってきますので一概には言えませんが、平均的にはなんと「牧場・農場」がお給料がいいそうです。意外と思われるかもしれませんが、実は何気に高収入なのが牧場だったりするのです。海の家やペンションなどと違って応募する人があまりいないので、その分高級であることが多いのが理由です。次に給料が高いのは、ゲレンデです。ゲレンデでは、シーズン中に30万円を超える人も多いらしく、人気のアルバイトです。趣味を仕事にできるので、スキーやスノボが好きな方にとっては非常に美味しい案件と言えるでしょう。他のテーマパークやアミューズメント施設なども稼げないことはありませんが、牧場・農場やゲレンデに比べるとやや劣るといった印象です。

ただ、基本的にその場所に拘束されることが多いので、やはり日用品や部屋着や下着など、旅行に行くときに用意するようなものをきちんと持参するといいでしょう。現地調達もできますが、その分余計なお金がかかったりしますし、下手すると必要なものが売っていないこともあります。少なくとも消耗品を持っていくことが大事ですし、もしも何を持っていけばいいのかわからなかったら、求人サイトを経営している会社に尋ねるといいでしょう。また、募集要項にもきちんと書いていることがあるので、それらの情報を見落とさないように気をつけてください。

次の記事へ