今年の冬はゲレンデでバイトをしよう

TOP > お役立ち情報 > 今年の冬はゲレンデでバイトをしよう

今年の冬はゲレンデでバイトをしよう



ゲレンデのスタッフとして働こう



ゲレンデはアルバイトの中でも限られた場所でしか経験することができないので貴重な仕事です。なかなか経験することができませんが、リゾートバイトなら多くの募集があるので、気軽に応募することができます。実際にこれから働きたいと思っている方もいるかと思いますが、働く前にどんな業務があるのか具体的に知りたい方も多いのではないでしょうか。まずはどんな業務があるのかについてここでは紹介します。

まず1つ目の業務内容はリフト系のスタッフです。仕事内容としては利用してくれるお客様が安全にリフトに乗ることができるようにサポートする仕事です。基本的にはスキー場内で一日中働ける仕事です。チケット販売の仕事もあります。例えば力仕事はあまりすることができないと思っている人もいるかと思いますが、ゲレンデでは雪かきなどもしなければならないことがあります。しかし、力仕事ができるか不安に感じている人もチケット売り場なら雪かきをする必要もありません。特に女性に向いている仕事になるので、女性もゲレンデで働いてみたいと思っている人はチケット売り場などを選択するといいでしょう。

続いて2つ目はレンタルのスタッフです。ゲレンデにはスキーやスノーボードの上級者から経験したことがない未経験者まで様々です。特に未経験者はレンタル品を使うことが多くなるので、主に仕事内容としては貸し出しや返却後のメンテナンス作業になります。特にスキーやスノーボードに興味があるという方はメンテナンスの作業を身につけたいと思っている方が多いでしょう。メンテナンスなど専門的な知識も学ぶことができるので魅力的です。

また3つ目はレストランなどでの業務もあります。基本的にゲレンデの仕事となるとスキー場内で働くことが多いのではないかと思っている人もいますが、他にもレストランでのホールやキッチンスタッフとしても働くことができます。例えばゲレンデは好きだけど一日中雪山で働ける自信がないという人でもレストランで働けるので安心です。このように、色々な仕事内容があるので、興味があるという方は今年の冬に向けて応募を検討してみてはいかがでしょうか。



ゲレンデに住み込みで働こう



ゲレンデで働きたいけど近くにないから働くことができないと諦めてしまっている方もいるのではないでしょうか。しかし、近年では住み込みで働くことができる方法もあります。そのため、遠方に住んでいる方でも挑戦できるので、興味がある方は応募してみるといいでしょう。実際に不安だと思っている人のためにも住み込みのメリットは何があるのかについて紹介します。

まず1つ目は休みの期間はスキー場で自由に滑ることが可能な点です。場所によっても異なりますが、基本的に休みももらうことができるので、その期間は自由に行動することができます。例えば一緒に働いている仲間と一日中滑ったりして遊ぶこともできるので魅力的です。基本的にはバイトをしている人なら無料で利用できるところもあるので、選ぶときはスキー場の利用の有無についてもチェックしておくといいでしょう。

また、2つ目はお金が貯まるというメリットもあります。なぜお金を貯めることができるのかというと、住み込みのバイトは基本的に寮費や食費など生活にかかる費用は負担してくれるところがほとんどなので、働いて稼いだお金は貯金に回すということもできます。ガッツリ稼いでお金を貯めたいという人にも向いているアルバイトです。

3つ目は人気のゲレンデで働けるというメリットがあります。例えば有名な長野県のスキー場や北海道のスキー場など多くの人たちが集まるところで働くことが可能です。将来的に有名なゲレンデでインストラクターとして働きたいと思っている人もいるでしょう。普段は経験できない仕事をすることも可能なので、特に興味があるという人は魅力的に思う部分は多いでしょう。



不安や疑問がある人は説明会への参加を検討しよう



住み込みのバイトとなると家を離れることになるので不安や疑問などを抱えている方も多いでしょう。応募をする前には不安や疑問は解消した方がいいので、ここでは解消するためにも説明会の参加について紹介します。

説明会はリゾートバイトを募集している運営会社によっても異なりますが、基本的には毎日開催しているところが多いです。説明会へ参加したいという場合には予約制になりますが、電話などをすればすぐに予約を完了させることができます。当日は手ぶらで参加しても問題ないので、まずは説明だけでもと思っている方も気軽に参加できます。

説明会に参加することで、質問にも答えてもらえますし、パンフレットなどももらえるので詳細な情報を知ることができます。迷っている人はいきなりバイトに応募するのではなく、一度説明会への参加を検討してみると不安や疑問などを解消してから働くことができるでしょう。

次の記事へ