仲居のバイトのメリットは何?どんなやりがいがあるの?

TOP > お役立ち情報 > 仲居のバイトのメリットは何?どんなやりがいがあるの?

仲居のバイトのメリットは何?どんなやりがいがあるの?



仲居のバイトのメリットは何があるのか?



大型連休になると、仲居のバイト募集がたくさんありますが、どのようなメリットがあるのでしょうか。仲居というとかなりのハードワークというイメージがあるかもしれませんが、実際のところはとてもやりがいのある仕事です。例えば、メリットの一つに着付けが習得できることがあります。浴衣を着る機会はあっても着物を着る機会というのはなかなかありませんので、着物の着付けを習得している女性はあまりいません。しかし、実際に仲居として働くことで着物の着付けを無料で習得することができます。実際に着物の着付けというのは美容院で有料でやってもらったり、カルチャースクールなどに通わないと習得することができませんので、お金をもらいながら学ぶことができるのはとても大きなメリットです。将来は着物を着る趣味や仕事をしてみたい方には最適のお仕事だと言えます。

また、日本の伝統や作法も仕事を通して習得できるのもメリットです。例えば、着物を着ているとちょっとした振る舞いにも色々と気をつけなければいけません。例えば、歩き方や座り方などそれことたくさんの作法があります。また、中にはお茶をたててお客様に出すような旅館もあるので、自然と茶道の心得も身につけることができます。最初は難しいかもしれませんが、バイト先の旅館などで親切に教えてもらえますので、初めての方でも問題なく習得することができます。また、中には生花のことを教えてくれる旅館もありますので、自然と日本文化や伝統を実践を通して学ぶことができます。バイトの目的はお給料ですが、仲居の仕事をすればそれ以上にたくさんのことを学ぶことができます。



女子力がアップするのも仲居のバイトのメリット



さらに、仲居のバイトを続けていくうちに、だんだんと女子力がアップするのも大きなメリットです。やはり着物を着る仕事なので自然と立ち振る舞いや一挙手一投足などに気を使うようになりますので、女性としての魅力が非常にアップします。また、男性というのはやはり着物姿の女性に惹かれる傾向があるので、男性目線から見ても非常に魅力的です。さらに、仲居のバイトをしているときには、基本的には髪の毛をアップにすることが多いので、とても色っぽく見えるようになります。また、着物姿とはいえ、きちんと化粧はしなければいけないのですが、着物姿用の化粧の仕方も教えてもらえるので、メイクの幅が広がります。メイクというのは女性にとっては一生ものの技術なので、バイトを通して着物姿のとき用のメイクを習得しておけば、将来着物姿になったときに他の女性よりも魅力的に見せることができます。

また、一生懸命仕事を続けていれば、ときどき心づけをお客様からいただくことがあります。心づけに関してはお客様のお気持ちなので必ずしもいただけるとは限りませんし、中にはご遠慮いただいている旅館もあるかもしれませんが、やはり自分の仕事が認められたという証しなので非常に嬉しいものです。もちろん心づけを期待して仕事をするべきではありませんが、バイトとはいえ一生懸命働く姿には誰もが心を打たれますので、仕事を通して人間的にも一回り大きくなることができます。また、なんといってもお見送りのときに、お客様の笑顔を見ると一生懸命頑張って良かったという気持ちになれますので、非常にやりがいのある仕事だと言えます。確かに仕事は忙しいですが、それでも仲居さん同士うまく連携を取って働くことで自然と絆も深まってきます。



住み込みで仲居のバイトをするメリットとは?



募集案件の中には、住み込みで働くことができるものもあります。住み込みというとなんだかずっと職場にいるような感じがして嫌だという人もいるかもしれませんが、実は住み込みならではのメリットもあります。例えば、家賃や宿泊費などが一切かかりませんので、その分バイトで得た給料を多く残すことができます。

通いで働くと、どうしても交通費や移動時間などがありますので、コストも負担もかかってしまいあまり良いとはいえないときがあります。また、住み込みであれば同じバイト仲間と一緒に過ごすことができるので、その分仲が良くなりやすいですし、さらに観光地の旅館であれば休みの日には一緒に散策することもできます。

なので、考え方によっては、真面目に仕事をこなしていればお得な旅行に行くことができるとも言い換えることができます。観光地での募集に応募するためには求人サイトを利用することがお勧めです。求人雑誌よりも素早く情報が更新されますので、最新の募集案件をいち早くチェックすることができます。人気の案件ほどすぐに応募が締め切りになってしまいますので、できるだけ早く申し込むようにしましょう。ネットで探せば求人サイトを見つけることができるので、良さそうなサイトがあったらまずは登録したりブックマークに追加したりしましょう。

次の記事へ