住み込みで仕事を始めよう

TOP > お役立ち情報 > 住み込みで仕事を始めよう

住み込みで仕事を始めよう


住み込みで仕事を始めるメリットとは?



仕事には様々な種類が存在しています。その中でも近年注目を高めているのが住み込みでのアルバイトです。主に比較的時間のとりやすい学生からフリーターが職場のある現地まで行って泊まり込みで業務を行っていることが多いです。もちろん学生やフリーターでなくても時間があり、都合のつく人なら誰でも申し込みをすることが可能です。そんな魅力的な仕事ですがこれから考えている人の中には具体的に働くメリットについて知りたいと思う方も多いでしょう。ここではどんなメリットがあるのかについて紹介します。

まず1つ目のメリットは通勤時間が少ないということです。基本的に住み込みで働く場合は現場が住居と一体になっているところもあれば徒歩圏内のところもあります。基本的に職場まで電車を利用して行ったり、車がないと行くことができない場所ではなく、住んでいる場所から近いのが特徴的なので、通勤に時間をかけることもありません。通勤時間が短くなる分、睡眠を多く取ることもできますし、仕事が終わったらすぐに帰宅をすることができます。こういったところも人気が高い理由になります。

続いて2つ目は職場仲間と過ごすことが多い為、友達を作りやすい環境であることです。初めて働くという人はどんな職場なのか、どんな人がいるのか心配になることもあるでしょう。普通のバイトなら仕事中以外は遊んだりすることもあまりないので友達を職場で作るというのは難しくなりますが、住み込みなら他の従業員も基本的には自宅に帰らずに泊まり込みになるので、一緒に過ごす時間が通常のアルバイトよりも長く、仲を深められる可能性が高くなります。それによって親友と呼べる友達ができたりする可能性もあり、実際にアルバイトを通じて友達をたくさん作れたという話はよく聞きます。仲間と協力しながら仕事をしたり、生活ができる職場なので他にはない魅力がたくさんあります。

その他にも3つ目は生活費が抑えられるというメリットがあります。例えば賃貸物件を借りてアルバイトなどをしている人は家賃や光熱費、食費など様々な費用が必要になります。中にはアルバイト代が生活費に全て回ってしまうという人もいるでしょう。しかし、住み込みなら家賃や光熱費、食費などは発生しないところも多くあります。生活費を抑えられるので貯金をしたりすることも可能です。



住み込みで働くときに見ておきたいポイント



住み込みで働くと決めたらどこの地域に行くのか決める必要があります。通常のアルバイトとは違って全国を回ることができ、働ける環境もたくさんあります。仕事には困らないので魅力的ですが、どこも同じ環境とは限りません。それぞれ場所によって違う環境になるので、働く前にはチェックしておくといいでしょう。では実際にどんなポイントをチェックするといいのかですが、1つ目に見たいことが部屋の設備です。例えば場所によってはホテルのようにテレビやベッド、最低限の生活用品等が揃えられているところもあります。しかし、場所によっては寝るだけの環境の部屋もあります。自分の自宅のような環境がいいと思っている場合には事前に部屋の設備は見ておくことが大切なので、事前に確認をするといいです。

また2つ目は部屋は一人部屋か相部屋かなども確認するといいです。それぞれ仕事をする場所によっては一人ひとりに部屋が用意されているところもあれば相部屋で知らない人と一緒に生活をすることもあります。それぞれ環境は異なるので、仲間とワイワイ騒ぎたい人は相部屋を選択したり、部屋ではゆっくりとしたい人は一人部屋を選んだりなど快適に暮らすためにも環境は見ておきましょう。

このように、2つのことについて話しましたが、チェックをしておかないとイメージと違うことになる可能性もありますし、快適に暮らすことができないのでここで説明した内容は調べておくといいでしょう。



どんな職種があるの?



住み込みの仕事は全て同じ内容ではありません。色々な職種があるので自分の好きなタイプを選ぶことができます。では、具体的に言うとどのような職種があるのでしょうか。

まず1つ目は旅館の仲居さんや客室係です。例えば将来的に旅館で正社員として働きたいと思っている人もいるでしょう。まずはアルバイトとして経験を積んで、その経験を活かして将来的に旅館で働くということも一つの選択肢です。

また2つ目はレストランのホールの仕事です。主にホテルのレストランのホールの仕事になりますが、これも将来的にホテルで働きたいと思っている人はためになる職種です。ホテルではホール以外にもフロントスタッフとして働くことができたりなど様々な仕事内容があります。将来的にホテルで働きたいと思っている人はホテルでの業務を体験できるアルバイトを選ぶといいでしょう。

このように職種について話しましたが、他にも様々な仕事を経験することができます。

次の記事へ