住み込みバイトのメリットや知っておきたいこと

TOP > お役立ち情報 > 住み込みバイトのメリットや知っておきたいこと

住み込みバイトのメリットや知っておきたいこと



住み込みバイトを行うメリットとは



アルバイトには様々な方法が存在しており、基本的には住み込みよりも通いながら働くというスタイルが一般的です。しかし、ここ数年でバイトのスタイルも変わってきており、中には住み込みでバイトをするスタイルも登場しています。特に学生やフリーターからの人気が高いですが、具体的に住み込みバイトにはどんなメリットがあるのでしょうか。これから働きたいと思っている人に向けてメリットについお伝えします。

まず、1つ目はリゾート地で働くことができるというメリットです。基本的に住み込みバイトは南は沖縄から北は北海道まで全国どこでも働ける環境があります。その中でもほとんどはリゾート地で働くことができるというのが特徴的です。住み込みと言ってもその間はずっと働き続けるというわけではなく、休みの期間もあるので休みの日はリゾート地で遊んだり、観光をしたりと楽しむことができます。働きながら楽しめるという新しいスタイルなので人気を集めています。

続いて2つ目として住み込みであることから、お金があまりかからないというメリットがあります。住み込みだとアパートを借りたりして生活費が必要になるのではないかと思っている人も多いでしょう。場所によって異なりますが、基本的には寮費や食費、光熱費などは必要ないところがほとんどです。生活費がほとんどかからないので、負担なくリゾート地で働けるというメリットがあります。例えば数日間リゾート地で観光をするとしてもホテル代などが通常は必要になり出費が多いですが、住み込みバイトで働きながら観光をすれば泊まる場所も無料で収入を得られるという魅力があります。特に、行きたいリゾート地で仕事の募集があるという場合には住み込みバイトを活用した方がいいでしょう。

その他にも3つ目に将来のための勉強もできるというメリットがあります。例えば将来的にホテル業や旅館、スキーやスノーボードのインストラクターとして働きたいと思っている人もいるでしょう。こういった仕事はアルバイトを募集していないところも多く、簡単に働くことができませんが、住み込みバイトならこういった普通では経験できない仕事を学ぶことができるので、特に将来的にホテル業やインストラクターとして働きたい人は勉強ができるので選んだ方がいいアルバイトです。



住み込みバイトについての疑問



住み込みバイトには通常のアルバイトでは経験できない仕事をすることができますし、他にも様々なメリットがあります。しかし、中には色々と不安を抱えている方もいます。不安をなくすためにもここではよくある疑問の内容について紹介します。

まず1つ目はどのくらいの期間仕事をすることができるかです。例えば経験をしたことがないのに1年間など長期の仕事しかないとなると、やっていけるか不安に思う人もいるでしょう。しかし、基本的にはそれぞれ人に合わせた働き方があり、1カ月から1年以上まで様々な条件があります。期間は自由に選択することができるので、例えば学生など夏休みや冬休みなど限られた時間しか働けないという方でも安心です。

また、2つ目はどのくらい稼げるのか知りたい方もいるでしょう。稼げる金額は人それぞれ異なりますし、バイトの種類によっても異なりますが、平均して10万円以上から20万円以上は稼げる可能性が高いと言われています。また、場所によっては家賃や食費、光熱費がかからないので、給料を全て貯金することも可能です。実際に人によっては100万円以上貯金をする人もいるなど比較的稼ぎやすいアルバイトです。このように、いくつか疑問についてお答えしましたが、これから夏休みの期間を利用して働きたいと思っている学生も多いのではないでしょうか。メリットが多いアルバイトになるので、時間があるという方は住み込みバイトを経験してみてはいかがでしょうか。



意外と忘れがちな持ち物について



住み込みバイトの注意点としては、住み込みになるので生活に必要なアイテムを忘れてしまう可能性もあることです。持ち物は事前に確認しておいた方がいいので、ここでは現地に持っていくべきアイテムは何かについて紹介します。

まず1つ目は部屋着です。特に夏の季節は汗もかくのでできる限り多めに持っていく必要があります。中には1日分しか持ち込まない人もいますが、できれば一週間分はあると安心です。

続いて2つ目は洗濯に必要なアイテムも持ち込むようにしましょう。例えば洗剤以外にも洗濯バサミやハンガーなどこういったアイテムも用意しておくと万が一ハンガーなどが無い時でもちゃんと干すことができるので安心です。できる限り洗濯に必要なアイテムは持ち込むようにするといいでしょう。

また3つ目は携帯充電器です。意外と忘れがちなアイテムです。携帯充電器がないと携帯を使うことができず不便なので、忘れないように注意しましょう。このように、忘れがちなアイテムについて紹介しましたが、持ち物は重要になるので事前にチェックしておきましょう。

次の記事へ