冬のスキー場アルバイトは多くの人員が必要です

TOP > お役立ち情報 > 冬のスキー場アルバイトは多くの人員が必要です

冬のスキー場アルバイトは多くの人員が必要です

スキー場のスタッフのアルバイトは冬のリゾートバイトの代表です。運営するにはアルバイトスタッフの人員がたくさん必要でまず確保に力を入れます。
仕事内容は様々で、ゲレンデのパトロール、怪我人の救護、リフト乗降管理、レストランスタッフ、スキーやスノーボードのレンタル、チケット販売、売店スタッフ、ラジオパーソナリティーなどがあります。
冬シーズン限定の短期的なアルバイトですが、毎日のオープンからクローズまではたくさんの仕事があり、たくさんの人員と様々な能力、経験、知識を運営では確保することがとても大事なことです。

12月から1月の時期が特にスキー場の忙しい時期で、休暇を利用して家族で来られたり、時間に余裕のできた退職者さらに海外からの旅行の方が来られる傾向がみられるようになりました。それに伴って大人の方のみならず子供や外国人の方など幅広い層の方に対応できるようになっていなければなりません。
忙しい時期には利用者がとても多く、迷子であったり、怪我人も自然と多くなってしまいます。こういった状況に対して運営側はすぐに対応しなければならないので、子供を不安にさせないことに慣れている方、怪我人の応急処置を冷静に行える救護経験を持つ方が必要となります。また海外から来てくださる方はアメリカやヨーロッパ、アジア圏などの方が多くいらっしゃっており短い時間を十分に楽しんでもらえるよう配慮することが大事です。外国語で海外の方とコミュニケーションがとれる能力も重要で、そういった方たちの数を今後増やしていく必要があります。その中でも中国、台湾から来られる方が増えてきているので中国語と英語を使える方の存在はスキー場全体の強みになると考えています。

雇うスキー場側からアルバイトとして働いてもらっている方達には特典として、オフの日はリフト料金をサービスしています。スキー、スノーボードの練習をするには通常ではお金がかかりますが、このサービスでは実際のところお金を稼ぎながら練習ができるという環境ということです。
利用者に満足していただけるサービスを提供するにはスキー場全体として様々な能力が求められています。100人いれば100個の能力を持つことに値します。子供が好き、料理が好き、よく喋る、運動が好きといったことで大丈夫ですたくさんの方の協力をもとに成り立っている事業であり、だれもが必ず持っている一つの能力が運営の大きな力になるのです。

次の記事へ