夏限定のバイトで充実感を

TOP > お役立ち情報 > 夏限定のバイトで充実感を

夏限定のバイトで充実感を


夏休みに合わせて働く



寒い季節が終わりを告げ暖かな花の季節になると、早くも夏の計画を立て始める人もいるのではないでしょうか。レジャーであったり、久しぶりの帰省であったり、その人そのひとで変わってくると思います。そのような中で、ひと夏、バイトの計画を立てている人もいることでしょう。学生の場合は長期休暇に合わせて、期間限定の仕事へ挑戦することが可能です。通常とは違った内容の募集がこの時期には多数出てきますので、新たな気分で始められるでしょう。

夏のバイトというと、プールや海の監視員、ビアガーデンのホールスタッフ、お中元の受け付けなどが思い浮かびますが、最近は定められた期間の間、住み込みで行うバイトがあります。雇用主から提供された施設で寝泊まりしながら、宿泊施設やレジャー施設などのスタッフとして働く、というのがその形態です。働き先は北海道から沖縄にいたる様々な施設で、いわゆるリゾートと呼ばれている場所です。国内のあちこちに働く場所があることから、近場でも遠方でも働き先を見つけることが出来ます。

また、職種も仲居やレストランなどの接客から調理補助や清掃などの裏方まで、あらゆる業務が取りそろえられています。人と接するのが苦手な人でも、これなら安心して働くことが出来ます。もし、将来観光業の仕事に就きたいと思っている人であれば、こうしたバイトは自分の適性を見たり、足りないものを見つけたりするのに良い機会になるかもしれません。もし、夏の間バイトを希望し、まだ勤務先が決まっていないのであれば、このような働き方も一考の価値があります。



リゾートへ出稼ぎ



地元を離れて遠くに働き場所を求めるというと、昔に盛んであった「出稼ぎ」を思い浮かぶ人もいるでしょう。「出稼ぎ」とは高度成長期に貧しい農村から都会へと、一家の働き手が農作業が一段落する農閑期に働きに出ていたことです。そういったことから「出稼ぎ」というと、あまり明るいイメージが湧きませんが、リゾートでバイトをすると言うとそのようなイメージは全くなくなります。また、地元を離れるとはいえ貧しさから働きに出ざるを得ないという状況ではありませんし、勤め先はどちらかというと爽やかさや華やかさが感じられる所です。そして何よりも、1年を通じて自分の都合に合わせて働くことができます。

しかし1年を通じてといっても一番働き手が欲しい季節は、やはり夏と冬かもしれません。リゾートということは、観光地ということでもあります。観光客が押し寄せる季節は、きっと猫の手も借りたいことでしょう。こうした時に、住み慣れた場所を離れていつもと違った日常を送れば、何かしら発見があるはずです。それは、勤務地での人々とのふれあいや雄大な自然、目から鱗が落ちるような考え方など、全てがその人の糧となるのは言うまでもありません。

とはいえ、遊びではなく仕事に来ているのですから大変なことも色々と出てきます。しかし、それさえも吹き飛ばしてくれるような経験が待っているかもしれません。リゾートで働くということは、来た人たちに笑顔と思い出を提供するということです。一人でも多くの人が幸せな気分で家路に就いてくれれば働きがいもあるのではないでしょうか。そして、そうした経験を積んで期間満了になる頃にはきっと一回りも二回りも大きく成長していることでしょう。



夏のバイトについてのあれこれ



夏は、身も心も開放的になる季節です。それがリゾート地ともなればなおさらです。しかしながら、そこで働くとなると浮かれてばかりではいられません。一般的にリゾート地でのバイトは時給がよく、住居や光熱費などの諸経費がかからないため、働く人の懐に優しいといえます。ただ高収入、開放的な雰囲気ゆえの落とし穴がそこに潜むのも事実です。

例えば滞在中の休日に遊びすぎて体調を崩したり、散財をして働きに来た意味を無くしてしまったりということがあります。開放的な気分に流されてしまいがちですが、体調を崩してしまっては他の人に迷惑がかかる恐れが大きくなるので「仕事に来ている」という現実を認識すべきでしょう。

さて、リゾート地での職種は実に多種多様ですが、夏のマリンリゾートならば、ダイビングの資格などを持っていると有利です。また、最近は外国人観光客も増えていますので、外国語が堪能であれば時給の良い仕事に就ける可能性も広がります。また、夏はイベントの季節でもあります。これはリゾートに限ったことではありません。ひと夏を通して祭りであったり、アーティストによるフェスであったり、日本全国のどこかで何かしらのイベントが催されています。そしてそこには必ずと言っていいほど、臨時スタッフを必要とする仕事があります。

リゾートであれイベントであれ、このようなバイトは人気が高いので迷っているとすぐに募集枠がいっぱいになります。もし、夏に普段とは違った過ごし方をしてみたいと思っているのであれば早めに応募をしましょう。

次の記事へ