接客業の中でももてなすということがカギになる旅館での求人

TOP > お役立ち情報 > 接客業の中でももてなすということがカギになる旅館での求人

接客業の中でももてなすということがカギになる旅館での求人


旅館で働くということ



世の中にはいろいろな仕事の求人があります。接客業ということでひとくくりにしてみても、非常に多くの仕事があり、それぞれに違いもあります。その中で、宿泊施設で働いてみるというのも、一つの選択になってきます。宿泊施設というくくりをしても、実際には多くの仕事があり同じような内容ではありません。求人数が多いわけではありませんが、旅館の仕事もそんな仕事の一つです。

旅館のお仕事は、他の宿泊施設とはさまざまな面で違いがある仕事です。特に立地的に観光地が多く、リゾート施設としての一面を持っていることもあり、旅館といってもさまざまな業態が存在しています。旅館の仕事を大きく分けると、接客担当である仲居と窓口業務になるフロント、予約や経理業務を行う部署に営業ということになるでしょう。

飲食部門として厨房業務がありますが、これは種類によって大きな違いがあります。通常旅館といった場合には、和食がメインとなることが多いものです。そのため、厨房も和食の調理ができるようになっていることがほとんどとなっています。単純な部署分けでこれぐらいの仕事は出てきますが、何も明確に分かれているというわけではなく、兼任しているところも少なくありません。

宿泊施設ということでは、お客さまがお金を支払って就寝するということが重要で、リラックスするためにいらっしゃる施設です。接客ということでも礼儀が重要であり、礼節を持って接することができなければ、どの部署でも仕事にはなりません。もっとも重要な部分ですが、献身性ということがカギとなってくるでしょう。数年前「おもてなし」といった言葉が流行りましたが、それだけでまとめられる仕事ではありません。アルバイトといっても、お客さまから見れば社員と変わらない以上、相当の覚悟を持って挑まなければいけない仕事です。



マニュアルでは解決できない接客業



旅館で働くということは、何か資格が必要なわけではありません。学歴も重視されない実力の世界といってもいいでしょう。面接を受けて、その人の性格が合っているとしたら、採用される可能性は高くなります。ただし、マニュアルがあったとしても、それだけですべてが解決できません。常にその場の状況に合わせた臨機応変な対応力が求められます。ひとつのことにこだわるのではなく、本当に多くのことを考えていかなければいけません。

接客ということでも、自分の目線ではなく顧客の目線で考えていかなければいけないため、自分勝手に判断することは厳禁であると言えるでしょう。また、体力も必要な仕事です。力仕事になるような場面はいくらでもあります。配膳するときにもかなり重いことがありますし、布団の出し入れだけでもかなりの重量になるでしょう。これをどんどんと回していかなければいけません。実際に準備となるような仕事が大半ですが、そのどれもが体力勝負です。それも、時間が決められており、オーバーすることもできないため、体力がないというのは初めから勝負になっていないということになってしまうでしょう。

こうした要素が重要になることから、コミュニケーションスキルもなければいけません。連携をとらなければ、どの仕事もはかどるどころか進みもしないからです。お客さまとのコミュニケーションだけではなく、職場全体で考えていくことが重要ですので、人間関係に悩みやすいという人には少々きつい仕事になるかもしれません。しかし、働くうちにコミュニケーション能力を身に着けたいと考えている方にとっては、旅館で働くことはいい環境であるといえます。



なかなかできない経験



いろいろとつらいことも多い旅館の仕事ですが、それはどの仕事であっても言えることで、能力を磨くということではもってこいであることも確かです。顧客の目線で物を考え、もてなすということは、接客業としては基本中の基本です。その基本を一から学ぶことができる場であることは間違いありません。こうしたことは、言葉で説明しても身につくことではないため、旅館としてもどんどん経験させて、能力を身につけられるようにしていきます。現場で修業をしていくことになるのは、大きな経験となるでしょう。仕事ですので、職場で勉強するということとは少し違いますが、一般の社会ではなかなか経験することができないこともあります。

上下関係ということも、はっきりと認識しながら働くことになります。職場内でもありますが、顧客との関係を考えた場合に、他の接客業よりも上下関係が強く出るため、もてなしということをよく考えるようになるでしょう。普段、何の気なしに受けている接客ということを見なおすことができる機会となるはずです。

住み込みで働く場合は、給料以上のメリットも出てきます。食事も付いていますし、水道光熱費も要りません。出勤から移動にかかる時間もなくなりますので、思っている以上にプラスになるでしょう。格式の高いところでは、なかなか働くことができないこともありますが、一度経験することができれば、世の中を見る目も変わります。傍若無人な接客など許されることのない世界でもありますので、自分を高めるために求人があれば考えてみるのもいいでしょう。

次の記事へ