旅館で募集される短期の住み込みバイトなどに関する情報

TOP > お役立ち情報 > 旅館で募集される短期の住み込みバイトなどに関する情報

旅館で募集される短期の住み込みバイトなどに関する情報




リゾート地などの旅館で募集されている住み込みのバイトについて



ちまたでは、旅館で取り組む住み込みのリゾートバイトも募集されています。こちらは、観光スポットや温泉などのあるリゾート地に立地している旅館をはじめ、海や山、高原、湖畔にある旅館が勤務先となります。例えば、世界遺産となっている富士山近郊や、都心からも便利にアクセスできる熱海、箱根、鬼怒川にある温泉旅館などでは、さまざまな魅力のある求人案件が数多く募集されています。

旅館のリゾートバイトでは、お客さんに対して直接サービスを提供するのが基本的な仕事内容です。仕事をする時に着用する衣服は、和服から作務衣、洋装、アロハシャツなど、勤務先によってさまざまな違いがあります。それらの中でも、着物を使用する場合、着付けの方法は、勤務先の先輩スタッフがレクチャーしてくれるので、心配ないです。着物で仕事をする中では、和装での礼儀作法や所作も身につけることができるというメリットがあります。旅館のリゾートバイトは、初めての方でも歓迎してくれるので、遠慮なく応募してみると良いでしょう。

次に、募集されている職種についても、あらかじめチェックしておくことをおすすめします。具体的な職種としては、仲居やフロント係、レストランのホールスタッフや、清掃、調理などを行うスタッフが募集されています。それらの職種の中でも、仲居は、トップクラスの時給が用意されているという魅力があります。こちらは、短期間のバイトでも、頑張り次第でしっかりと稼ぐことができるので、将来の目標のために資金を蓄えておきたいという方にも、おすすめの職種です。また、寮が完備されているのはもちろんのこと、食費が支給されるところもあるので、一人ひとりの適性やニーズ、希望条件に合わせて求人案件をチェックしてみると良いでしょう。



仕事に取り組む中で得られるメリットをご紹介



旅館で取り組む住み込みの短期リゾートバイトなどは、接客サービスが中心の仕事内容となります。そのため、当然のことながら、接客態度やコミュニケーションスキルを身につけることができるというアドバンテージがあります。また、旅館を訪れる数多くのお客さんと出会うことにより、人間的な成長も遂げることが可能です。また、清掃や調理などの仕事をするにあたっては、専門性の高いスキルを身につけたり、他のスタッフと協力し合って働く方法を学んだりすることができます。そして、自分と同じように、住み込みの仕事をするためにやって来た人など、同じ職場で働くスタッフと出会い、仲間になって、一緒に充実した毎日を過ごすことができるのも魅力的です。

また、将来、旅館で就職を果たしたいという夢を持っている場合に、まずは住み込みのバイトに取り組んでみるのもおすすめの方法と言えます。こちらは、旅館の仕事へ実際に取り組む中で、自身の適性を見定め、必要なスキルを身につけることができるほか、就職活動をするにあたっても有利になるというアドバンテージのある方法です。

この仕事では、覚えることがたくさんあってたいへんですが、だからこそ新たな発見も多く、やりがいを強く感じることも可能になるでしょう。こちらのバイトは、楽しい思い出を作るためにも適していますが、自分自身を成長させるためにも価値あるものとなるはずです。



働くにあたって一番気をつけておくべきことはこちら



この先、リゾート地などにある旅館で住み込みの短期アルバイトなどをするにあたっては、何よりも大切なこととして、仕事をする中で疑問や不安が生じた場合には、どのようなことであっても、遠慮せずに先輩スタッフなどへ質問・相談するようにしましょう。勤め先の旅館によって、仕事の進め方や休憩時間の取り方などには違いがあります。したがって、以前にリゾート地などの旅館で住み込みバイトをした経験があるからと言って、軽率な判断をすると、お客さんや周りのスタッフに迷惑をかけてしまうリスクが生じてくるので、注意する必要があります。

「聞くは一時の恥、知らぬは一生の恥」などということわざもあるように、知らないことをそのまま放っておくと、思わぬミスを繰り返してしまうことにもなりかねません。初めての仕事へチャレンジするにあたっては、誰でも疑問や不安がたくさんあるものなので、恥ずかしがる必要はありません。周りのスタッフにしてみても、聞かずに失敗されるより、何でも質問・相談してくれる方がありがたいと思っているものです。そのようにして、先輩スタッフとの情報交換やコミュニケーションを行う機会が増えれば、職場内で良好な人間関係を築くこともできるでしょう。

また、旅館の中でも、格式のあるところでは、服装などの取り決めが厳しいケースも存在します。そういった事柄について、疑問や不安がある場合には、事前に専門の業者スタッフに質問・相談してみると良いでしょう。

次の記事へ