未経験でも働くことができるホテルのキッチン

TOP > お役立ち情報 > 未経験でも働くことができるホテルのキッチン

未経験でも働くことができるホテルのキッチン



ホテルにとって大切なキッチンで働く



職場というものはいろいろとありますが、それぞれ特徴もありますし適正もあるでしょう。キッチンで働くというのも特性があるかどうかが重要になってきます。皿洗いなどの下働きもありますし、調理をするということも考えられます。他の仕事でも当てはまりますが、何でもチャレンジしてみるというのも一つの考え方です。自分の適性があると思えば、ホテルのキッチンで働くということは、魅力を持っていることだと言えるでしょう。

リゾート地で働くとなると、非常に募集が多くなるのがキッチンです。理由はとても簡単で、行楽シーズンには宿泊をしなくても、食事はするという人も多く、宿泊することになれば、朝と夜は食事が付くことが多くなります。そうなると、常にキッチンに人が必要となるため、多くの募集がかかります。その反面、閑散期には最小限の人数で回すことができるという特徴を持っています。キッチンでは料理を作るということだけではなく、用意から始まり片付けなどの必要も出てきます。さらに、ホールとの連携が保てなければならないため、チームワークが重要です。

ホテルのキッチンで働くということは、かなり忙しい時間を過ごすことになるでしょう。時間をかけて、さまざまな料理を仕上げていくことになるからです。それも、人数の規模が一般のホールとは異なります。かなりの人数を収容することができるため、料理の量も驚くほど多くなってきます。ホテルの看板の一つとなるため、とても重要度の高い職場ということになります。料理の形式もいろいろとありますが、未経験でも周りのサポートを受けながら仕事を覚えつつ、素晴らしいリゾートの思い出になるようにしていかなければなりません。



効率化した作業を経験できる



ホテルのキッチンでは、さまざまな仕事をこなしていく必要があります。特に重要になってくるのは、仕込みをするということになるでしょう。食事の時間は、ある一定のリズムを刻みます。ずれることもありますが、基本的に集中するものです。バイキング形式にするとしても、常にスピードが求められるために、準備次第でその日の流れが決まるといっても過言ではありません。だからといって、いきなり仕込みをしたりするわけではなく、それぞれの技能に合わせて、担当の範囲を決めていきます。

調理をするだけが仕事ではなく、さまざまな仕事があるため、未経験でも問題はありません。実際に1か月も働いていれば、調理技術は確実に上昇します。それも、1級のプロの腕を目の前で見ることができ、その味付けを知ることができるので、魅力があります。この経験は、他でできるものではありません。リゾート地で働いた後にもっと生かしていくこともできるほど、濃密な時間となるでしょう。仕事も教わっていくことになりますし、流れも身につけることができるようになります。スピード感という部分が重要で、いかに効率的に作業を進めるのかということをホテルでは知ることができるはずです。

キッチン以外でも、無駄なことを減らすという経験は大きなものになるでしょう。失敗が許される仕事ではなく、スピードを保ちながら高いレベルを維持していかなければならないのですから、厳しい条件の中で確実に成長できることでしょう。



調理をするだけが仕事ではない



いろいろな心配をするのが、ホテルのキッチンで働くことでしょう。調理師免許などは持っていないのだから、調理作業ができないのではないかと思う人が多いのではないでしょうか。しかし、実際に調理師免許は持っていなくても問題はありません。バイトをするのに必要な資格ではありませんので、心配はいらないでしょう。調理をメインでするという仕事もありますが、その多くは調理の補助であり、簡単な盛り付けや加工までが中心です。実際には皿洗いなどの下働きが多くなるため、キッチンで中心となって働くようなことは少ないと考えていいでしょう。

もちろん、資格を持って働くこともできますし、これまで調理の経験があれば生かすことはできるようになる可能性があります。ですが、環境も違い、作るものも異なれば、同じことはできません。そういったことを求めて募集が掛けられることは少ないため、心配はいらないと言えるでしょう。調理をすることよりも重要となるのはコミュニケーションです。一人で調理をすることはなく、すべては連携で動きます。指示を聞き動くということも必要ですが、流れを理解して連携していくことが重要になってきます。

準備に多くの時間を割くことになりますが、もたもたしている暇はありません。一人で何かをするということも少なくなるため、コミュニケーションを取りながら仕事を確実に進めていくことが必要です。キッチンの仕事を考えると、ほとんどが準備と片付けに費やされますので、お客様と関わることがある仕事というのは、ほんの一部でしかないことを知るでしょう。それほど貴重な時間を過ごすことができます。

次の記事へ