海の単発求人は遠方だと厳しい

TOP > お役立ち情報 > 海の単発求人は遠方だと厳しい

海の単発求人は遠方だと厳しい

夏になると海水浴場がオープンしますが、その付近でシーズン中にアルバイトを募集するところがたくさん出てきます。これをリゾートバイトと言いますが、海のバイト求人のほとんどは数週間程度、あるいは夏のフルシーズンとして2か月や3か月ほど働ける内容が多いです。これから海の求人を探して仕事をする際にどのくらいの期間仕事をすることができるのかはとても重要な部分なので、この点はしっかりと注目しておくようにしましょう。

基本的に最低日数としては単発があります。この言葉の意味は1日だけの就労という意味ですが、派遣やアルバイトではよく見かけるものです。例えば、今週の日曜日は予定がなくて暇だというときに求人によってはその日だけの仕事があるので、うまく暇な時間を使って仕事をすることができるというわけです。海の求人の大半は住み込みで仕事をすることになるので、単発から仕事を見つけることはかなり厳しくなります。

1日だけ仕事をすることができると、夏に旅行をする予定があるなら、その旅行先の現地で1日だけ仕事をして稼ぎ旅費を作るという計画を立てることができますが、これはかなり厳しいです。基本的に単発の採用はそれぞれのリゾート地の地元民専用な部分があり、やはり自宅から通勤できることが重要ですし、旅行を計画してそこに現地で仕事をすることも計画に入れていくとなるとスケジュールが合うかどうかが最大のポイントになってくるので相当難易度は高いです。しかしながら、これは不可能でもないのでまずは募集を探してみるとよいです。

基本スタンスとしてはホテルなど、現地で自分が宿泊している場所が必要です。そこから今日限りで仕事をすることになります。また、1日の総支出と収入を考えると車に寝泊まりするというくらいの勢いでなければ、まる1日働いてもやはり滞在費が大きくのしかかってくることになるので、それをやることがメリットかどうかはかなり怪しくなります。

どうせ仕事をするのであれば1週間や2週間など、継続して短期で仕事をするほうが色々なことを経験することができるので有意義です。短い期間の仕事なら2日や3日だけのアルバイトというのもありますし、とにかくしっかりとどのような内容から海に関する求人情報が出ているのかを調べることから始めるのが良いです。こうして様々な求人情報を見ることによって、自分なりの都合のよい働き方を考えやすくなってくるものです。

次の記事へ