温泉で楽しみながら稼げる求人とは

TOP > お役立ち情報 > 温泉で楽しみながら稼げる求人とは

温泉で楽しみながら稼げる求人とは




温泉地の仕事ってどのようなものがあるの?



「温泉を楽しみながらしっかり稼ぐ」そんな仕事を見つけたい人も多いでしょう。しかしながらひとことで温泉で働くといってもさまざまな勤務地や仕事内容があり、それによって仕事の見つけ方や応募、面接の方法、勤務の時間帯、性別、自身との相性、持っておいた方がいい資格などもさまざまです。ここでは温泉の求人情報から見た実際の仕事内容について紹介するとともに、施設の種類ごとの仕事内容や勤務時間などの労働条件、さらにそのような求人の見つけ方について説明します。

まず仕事内容には、一体どのような事なのでしょうか。基本的にこれはリゾートでも日帰り温泉でも変わるものではありません。まずはフロント、お食事所、客室、宴会場といった場所での接客や調理補助があげられます。こういった仕事であれば飲食やホテル等での接客の経験があると有利になる可能性があります。加えて特徴といえば浴室をはじめ施設内の掃除があげられます。お客さんが快適に利用していただくために、浴室をはじめ施設内を常に清潔に保っておく必要があります。またこのような清掃作業はどうしても機械に任せられないので、例えばゴシゴシと床や浴槽を人間の力で洗うなどの肉体労働になってしまいます。これらをお客さんの少ない深夜などに短時間でこなさねばならず、勤務する時間帯も必然的に不規則にならざる得ません。

また、フロント係やお客さまをお迎えしたあと、荷物を持ち客室までご案内するベル係という職種もあります。基本的には1日の勤務時間の間に時間帯によってこれらの仕事を掛け持ちで行うことが多く、複数の仕事を効率的にこなせることが重要になってきます。またこのような施設はサービス業であることから多少身体がつらくても、これらの仕事を笑顔で行うバイタリティーも必要になってきます。



温泉リゾートの仕事を見つけるためには



近年リゾートバイトの一つとして、温泉地などで働くことも注目されています。このような求人は冬から春にかけて特に多く募集されています。これは温泉のハイシーズンが寒い時期になることや、スキー場などに近く冬場が繁忙期になることがあげられるからです。この繁忙期に一定期間、勤務先が準備する寮などに住み込んで仕事をするわけです。このような求人を見つけて応募するにはどのようにすれば良いのでしょうか。

インターネットで温泉、リゾート、求人といったキーワード検索をすれば、条件に該当するものを見つけることもできます。しかしながら普段は都会にいて、少しまとまって空いた時間が出来た時に温泉で仕事がしてみたいと思った場合、面接などで何回か現地に行ったりやりとりすることは難しいのが現実です。就業するまで現地に行かず電話やメール、郵便などでやりとりできる求人もありますが、仕事につくまで現場や一緒に働く人の人柄を確認せずに仕事につくことには不安があるのも現実です。

近年、リゾートなどで住み込みの求人を探す際には、これらの分野を得意とする派遣会社や求人サイトを利用する人が増えています。このようなサイトでは春休み、冬休み、夏休みなどの長期休暇の時期に特に求人を出すリゾート地のものが多いですが、温泉の住み込みバイトも季節がくれば、ここで全国の温泉地での求人が多く掲載され、希望のものが見つかる可能性があります。このようなサイトの特徴としては、あらかじめメンバー登録をしておけば、登録時に入力した時給、勤務地、期間などの希望条件に合った求人が新たに募集された場合に、それをいち早くメールなどで知らせてくれるような機能があります。これによって、こちらから求人を探さなくても、自分が探している求人を送ってくれるので探す手間を省くことができ楽です。さらに間に派遣会社が入っていることが多く、寮などの住居の手配や仕事内容などの就業先とのさまざまな調整を行ってくれるので、自身で応募するよりスムーズに就業できるメリットもあります。



遠くに行かなくてもできる温泉の仕事



近年、都会でも日帰り温泉が増加しており、このような施設での求人に関心を持つ人も多いでしょう。こちらでもその仕事内容には大きな違いはありません。基本的には接客業務、浴室等の清掃がメインになります。このような求人情報はインターネットのサイトでも募集され、通常のアルバイト等と同じように応募すればいいのです。しかし、注意したい点もあります。

それは自宅と勤務場所への通勤です。このような施設では深夜や早朝などの時間帯に清掃などの業務が入るケースがあります。しかも寝泊まりができるような場所があるとは限らないことから、自分の勤務シフトに応じて通勤できる方法を確保しておく必要があります。

また勤務時間外に温泉につかるなどということは難しい可能性があります。しかし、従業員割引などがあるケースもあるので休みの日を利用して温泉にお得に入れるといったメリットはあると考えられます。

毎日温泉に入りながら働ける求人一覧

次の記事へ