充実したリゾートバイト生活

充実したリゾートバイト生活

 

リゾートバイトとのあれこれ

皆さんは、リゾートバイトという言葉を聞いたことはありますか。リゾートバイトとは、ホテルや旅館、スキー場などのあるリゾート地に住み込みでアルバイトをすることで、略して「リゾバ」とも呼ばれています。リゾートバイトにはホテルや旅館、レストランのスタッフ、スキー場や遊園地の係員、清掃員や調理のお仕事など様々な職種があります。期間は3か月以内の短期から、3か月から6か月の中期、それ以上の長期などと、自分の都合に合わせて選ぶことができます。長期の休みがとりやすい学生にリゾートバイトは人気があり、留学資金や免許取得を得る為や、調理や接客のキャリアアップなど将来に結び付け目的にあわせることができます。リゾートバイトの8割は未経験者ですが、中にはリゾバの魅力にはまり日本各地でリゾバを繰り返して生活する人もいます。
リゾートバイト中の寝泊まりは、職場の近くにある寮で行うのが一般的です。寮については、一般的なワンルームマンションのような個室タイプ、専用の寝室の他はトイレ・風呂・食堂などを共用するタイプ、複数の人と一つの部屋を共同で使う相部屋タイプ、勤務先のホテルや旅館の空いている客室部屋を使うタイプなどがあります。プライベートな時間がどのようになるのかは、寮のタイプによって大きく影響しますので、事前にどのタイプの寮なのかを確かめておきましょう。働く場所だけではなく生活する場所までもリゾート地であるリゾバ、存分にリゾート地を満喫しましょう。
リゾートバイトは勤務先が直接募集をするほか、派遣会社を通じて募集をします。直接雇用より派遣会社を通して雇用契約をする方が時給が高くなることがありますし、何かトラブルがあった時に派遣元に相談できるので、初めての方は特に派遣会社を通すことをおすすめします。勤務する時間帯は早朝から深夜までさまざまで、旅館の仲居などの仕事ではお客様のチェックアウトとチェックインの間に「中抜け」と呼ばれる長い休憩時間となることもあります。普段している仕事と同じような内容でも、働く環境が大きく違うと新鮮な気分で働けるでしょう。しっかりとバイトで稼ぎたいのか、勤務時間外にリゾート地で思う存分遊びたいのかを考えて、バイト先を選ぶと良いでしょう。

リゾートバイトを選ぶときに気を付けたいこと

その一. 給与体系と休日について
リゾートバイトは時給制です。8時間以上の勤務をすれば残業手当が発生し、22時以降から翌朝の5時までの勤務をすれば、深夜手当が発生します。同じ勤務時間でもより多く稼ぎたい人は、深夜帯に勤務可能なナイト業務を選ぶ方が効率的にお金を稼ぐことが可能となります。
また夏休みなどの繁忙期であれば、なかなか休日が取れないこともあります。給料や休日のことは言いづらいかも知れませんが、スケジュール管理は一番大事なことなので勤務前に忘れず確認しましょう。
その二. 寮費・光熱費・食費について
リゾートバイトは基本的に、すべて無料であることが多いです。ですが、中には光熱費が一部自己負担であったり、食事は出勤日のみ提供で休日は自己負担とされている勤務地もあるため、念のため確認しておきましょう。
その三. 長期勤務の場合の生活用品について
勤務先によっては買い物に行くのが不便なところに寮があり、なかなか買い物に行けない場合もあります。あらかじめ消耗品や、必要な物は用意して送っておくと安心でしょう。
送る際は必ず元払いで送ること!自分で受け取れなかった場合に勤務先の人が料金を支払うことになります。これからお世話になる勤務先ですので、ご迷惑をかけないように注意しましょう。
その四. 備え付けの家具や電化製品、wi-fi環境の有無
特に長期で勤務予定の場合、これらがないと不便な思いをすることになります。必要最低限の家具家電は用意されていることが多いですが、自炊をしたい人やPCを使いたい人などは事前に確認して用意がないものは自分で調達しましょう。
その五. 寮周辺の生活環境について
通勤手段や買い物ができる場所があるか、万が一病気になった場合にかかれる病院があるか、夜間に街灯がついているか、公共交通機関があるかなど、生活に困ることがないよう、あらかじめ調べておくか担当者に聞いておきましょう。
その六. 体調面について
リゾートバイトは朝早くから夜遅くまで仕事をすることが多く、慣れない土地での生活になるので、体調を崩しやすくなるかも知れません。欠勤や早退、遅刻などで勤務先に迷惑をかけないよう、体調を整えましょう。
また、病院に通えないことも考えて常備薬を持参するのは必須です。リゾートバイトを始めるには勇気が必要ですが、この記事を参考にしてぜひ挑戦してみてください。

一般的なバイトとリゾートバイトの比較

よりリゾートバイトの特徴を理解するために、一般的なバイトとの比較をしてみましょう。
一般的なバイトでも飲食店などで働いている場合は、まかないを用意してくれることもありますが、リゾートバイトであれば基本的に職種関係なく、食事の補助がついています。三食無料で従業員食堂での食事ができる場合もあれば、食事手当が支給されることもあります。食事代を支払う事も稀にありますが、それでも通常より安い金額で満足の行く食事を食べることができるので安心です。
宿泊費に関しても、リゾートバイトは無料の事がほとんどです。一般的なバイトでは、宿泊費用は考慮されないので、大きなメリットと言えます。実家暮らしの人は宿泊費については魅力を感じないかもしれませんが、リゾート地に無料で宿泊出来ると考えれば大きな特典です。通いのバイトと違いリゾートバイトは寮に住み込んで働くだけに、1日7時間から8時間程度は働く事ができるので、安定して稼げる可能性が高くなります。仕事が忙しい分お金を使う機会も少ないので、しっかりとお金を貯めるのには最適です。こうした一般的なバイトとリゾートバイトの違いを理解しておくと、より一層リゾートバイトで充実した生活を送れるでしょう。
さらに、勤務先の立地についても、海・山・湖・温泉地・離島など、バラエティに富んだものとなっています。短期間のバイトなら、どのような環境でも面白いと思えるかも知れませんが、勤務期間が長期の場合は負担にならないような立地を選ばなくてはなりません。長期間のバイトなのに、途中で辞めるような事になれば、勤務先にも迷惑を掛けてしまいますから、勤務先が何処にあるのかを詳しく調べておきましょう。しっかりと事前の調査をしてバイト先を選んでおけば、リゾート地でのバイトを楽しむ事が出来ること間違いなし!

お役立ちコラム一覧に戻る