リゾートファイン

株式会社ファインコミュニケーションズ

0120-966-449

9:00~18:00

福島県のリゾートバイト一覧

検索条件:
福島県
検索結果:
1~19件/19件中

福島県は日本の東北地方に位置する県で、面積は約13,783平方キロメートル、人口は約1,800,000人以上です。県庁所在地は福島市で、美しい自然景観や歴史的な観光地が広がっています。
福島県は磐梯山や会津若松市の歴史的な町並み、裏磐梯など、見所が豊富な観光地が点在しています。特に磐梯山は四季折々の美しい風景が楽しめる山岳リゾート地で、冬にはスキーやスノーボードのメッカとしても知られています。
歴史文化面では、会津地方には武家屋敷や武家文化を感じることができる場所があり、会津若松市の「会津武家屋敷」や「若松城」が代表的な観光スポットです。
また美味しい食材が豊富で、郷土料理として「会津の会席料理」や「福島牛」が挙げられます。地元の農産物や水産物も新鮮で、特に「磐梯朝市」は地元食材が集まる賑やかな市場です。
一方で2011年の東日本大震災の影響で、福島県は放射線量の問題が広く認識されました。しかし、安全基準を満たす農産物や観光地が復活し、地域の復興が進んでいます。

1 / 11
INFORMATION

福島県の情報

  • 【福島県の特徴】

    ・磐梯山をはじめとする自然景観が豊かで、四季折々の美しい風景が楽しめる。観光地も多く、特に磐梯山周辺は人気のリゾート地。
    ・会津地方には武家屋敷や武家文化が残り、歴史的な町並みや城が観光スポットとなっている。会津若松市はその象徴的なエリア。
    ・地域社会において結束が強く、地元愛が根付いている。地域全体での復興活動や協力が見られる。

  • 【県民性の特徴】

    自然愛好者: 福島県は美しい自然が広がり、多くの県民が自然やアウトドア活動を楽しむ傾向があります。山や渓谷、湖などがあり、四季折々の自然が楽しめます。
    伝統と歴史への敬意: 会津地方などには歴史的な建造物や文化が残っており、福島県民はその伝統や歴史に敬意を払っています。

  • 【話題スポット】

    ・磐梯山
    ・猪苗代湖
    ・会津若松市
    ・裏磐梯

  • 【方言】

    ・「だ」「です」の代わりに、「〜じゃ」が使われることがあります。例えば、「これだ」は「これじゃ」となります。
    ・軽い命令や意志表示に使われる「がん」という接尾辞が特徴的です。例えば、「行くな」という命令が「行くがん」となります。
    ・「だろう」とか「でしょう」という表現に、「げ」が使われることがあります。例えば、「これは美味しいでしょう」は「これは美味しいげ」となります。

  • 【食べ物】

    福島牛: 福島県産の牛肉で、特に「会津牛」が知られています。霜降りで柔らかく、深い味わいがあります。焼肉やしゃぶしゃぶなどで人気です。
    磐梯あおもりのどぐろ: 磐梯山の伏流水で育った新鮮などぐろ(海魚)が特産品。寿司や刺身、焼き魚などで味わえます。
    あづまやこんにゃく: 会津地方で生産されるこんにゃく。もちもちとした食感があり、煮物や炒め物、鍋などで利用されます。
    福島のほんしょう: 温暖な気候と良質な水が育む福島の米。特に「ひとごこち」や「あきたこまち」などの品種が有名で、おにぎりや寿司、各種米料理に使われます。
    磐梯千枚漬け: 野菜を千切りにして漬け込んだ郷土料理。辛味噌をベースにした特有の味わいがあります。

SPECIAL FEATURE

関連特集

一覧を見る