ゲレンデでのバイト

ゲレンデでのバイト

 
  • スキー場でバイトができる

    リゾートバイトの中では、ゲレンデでのバイトが人気を集めています。都心を離れて雪山で冬をとことん満喫することができるでしょう。スキー場では多くの人手を求めていて、シーズンになるとスキー客がたくさん訪れるというスキー場は多いです。そこでは人手が常に不足している状態のため、たくさんの求人が出されます。そして、さまざまな形態で働けるのが特徴となっています。
    シーズンになると連日多くのお客さんが訪れるため、お客さんの接客をするために泊まりこみで働くこともあります。住み込みのためにかかる費用や寮はすべて用意してくれるため、仕事に集中してどんどんお金を稼ぐことができますし、都心を離れて雪山で冬をとことん満喫することができるでしょう。基本的にはゲレンデで働くことになるのですが、スキー場以外の施設が併設しているケースもあり、そちらで仕事をすることもあるでしょう。
    また、ゲレンデでのバイトの特徴として、仕事をしていない時間帯は自由にレジャーを満喫でき、実際にスキーやスノボを楽しむことができるのです。その際に必要な用品をレンタルすることも可能ですし、レンタルが無料な勤務先もあります。そのためスキーが好きな方にとっては最高の環境といえるでしょう。普段は雪をほとんど見ない環境で生活をしている方は、雪に囲まれて充実した時間を過ごすことができますね。
    スキー場のバイトは、基本的に冬季にしか募集されていません。だいたい10月や11月頃になるとたくさんの求人が出されるようになるでしょう。人気の高いスキー場の場合は応募が殺到することも少なくありません。そこでは新しい出会いが待っている可能性があり、お金をたくさん稼げてリゾートを満喫できる等、さまざまなメリットが存在しているため、冬休み中の大学生を中心として多くの人が働いています。ゲレンデでの仕事をしてみたい方は一度求人を探してみると良いでしょう。日本中のスキー場から募集されています。

    • 仕事内容について

      実際にゲレンデでバイトをすることになると、どのような仕事が存在しているのでしょうか。さまざまな職種が存在しているのが特徴です。たとえばリフト係の仕事があります。リフトに乗る人をサポートするのが主な役目となります。子供からお年寄りまでさまざまな人がリフトを利用します。そのためトラブルが起きないようにしっかりとサポートすることが求められているのです。万が一大けがをされてしまうことがあれば大変なことになってしまいます。そのため責任のある仕事となります。
      施設内に飲食店があり、そこで働くというケースも多いです。その施設を利用する多くの方が飲食店を利用することになります。メニューの数が限られていることが多いのですが、お客さんの数がとても多いため忙しく働くことになるでしょう。接客を担当したり、キッチンで働くことになる場合もあります。これまでに飲食店で働いていた経験があるならば、それを活かせるでしょう。
      また、売店で仕事をする場合もあります。そこで売られているものの販売をすることになります。質問をされることもあるでしょう。それに対してきちんとした受け答えをすることを求められます。
      スキー用具のレンタルに対応するスタッフとして仕事をすることもあります。多くのお客さんが訪れるため、その人たちの対応をすることになるのです。用品を扱う場合は、それぞれの用品についての正確な知識が要求されるでしょう。そして、それぞれのお客さんに対して最適な提案をしなければいけません。そのため、スキーやスノボーが好きな方はその知識を活かすことができるでしょう。あるいは返却された用品のメンテナンスを担当することもあります。
      また、力仕事をすることもあります。たとえば雪かきをしたり、ゴンドラやリフトの点検などの仕事です。このようにいろいろな仕事が存在しています。それぞれの適正に合わせて仕事を選ぶと良いでしょう。

      • バイトする際の注意点について

        まず仕事をする時期というのは基本的に冬であり、12月から3月ぐらいまでとなっています。もちろん施設によっては11月から働ける場合もあります。そのため、求人については10月から11月頃までが特にピークとなるでしょう。この時期にいろいろな求人情報を集めることによって、自分の希望通りの条件で働ける仕事を見つけられることが多いです。その際、人気の高い施設の場合はすぐに定員が埋まってしまうため注意が必要です。
        基本的に住み込みで働くことになるのですが、その際にはどのような部屋のタイプとなっているのかチェックしておきましょう。個室が用意されている場合と相部屋の場合とがあります。自分のプライベートな時間を確保したいのであれば、個室を用意してくれる求人を探しましょう。個室ならば普段と同じような生活ができます。部屋が個室となっていて、共同でトイレや食堂、お風呂などを利用するというケースもありますし、あるいは相部屋となっているところも多いです。相部屋にもメリットはあり、これによってすぐに同室の人と仲良くなれるでしょう。
        求人情報については特によくチェックしておかないと、寮の部屋のタイプがどうなっているのか分からないケースがあります。他の条件は良かったとしても、相部屋だったために後悔したというケースもあるのです。求人情報をみてもよく分からない場合は問い合わせてみると簡単に解決します。
        持ち物についてはそれぞれの求人を確認しておきましょう。自由時間にスキー場を使えることが多いため、自分のスキーやスノボの用具を持って行くのも良いでしょう。もちろん、現地でレンタルすることもできます。オフの時間は自由に滑ることができて、レンタルやリフト券も無料となるケースがあります。
        以上の点に注意しながら求人を選ぶとスムーズです。スキーやスノボの経験がなくても問題なく働けるところが多いです。

        お役立ちコラム一覧に戻る